すっかり秋めいた

 秋めいたというには、時期を逸した感もありますが、九州においてもすっかり涼しくなりました。地球の軸が傾いていて、さらに太陽の周りをまわっている。ただそれだけの結果なのでしょうが、それでも四季の移り変わりを感じてしまいます。

 今年は台風の当たり年なのか、前回の台風で被った潮風で、庭の木々の葉も紅葉を待たずに落ちんとしています。今年はイロハモミジの紅色も期待できないのでしょう。

 また、行方が心配になる台風がやってきました。もう、災害が起こらないことを祈ります。

Related articles

おにぎり弁当

 小学校では「おにぎり弁当」の日がある。このあたりだけかもしれないが…おにぎりの中に入れる具は、梅干しのみ。のりは巻いてもよい。漬物の付け合わせは可能。あとはお茶。昼食はこれだけだ。  おにぎりだけ… いや、待てよ。お米 […]

Learn More

のだめカンタービレとシチメンソウ

 このシチメンソウ、貴重な塩生植物なのですが、近年元気がなく、残念ながら立ち枯れが多く見られます。原因は不明のようです。  ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、ここ佐賀市東与賀町の有明海沿岸は「のだめカンタービレ( […]

Learn More

散骨の儀式

8月4日、亡き母の骨を口之津(早崎海峡)に帰してきました。 口之津の桟橋から出航です。 天気も良く、波もなかったので良かったです。 暑い日でしたが…   花びらとお骨を海に帰した後、お別れです。 最後に船は右旋 […]

Learn More

コメントを残す